モロッコ文化

羊犠牲祭 Eid al-Adhaとは?【モロッコの年間最大行事】

ラザーン

今年もやってきました羊犠牲祭!私にとって、家族ができて始めての犠牲祭なので楽しみです!

今年は新型コロナの影響で、犠牲祭も今までと違った雰囲気になりそうだね。

ミィさん

今年の羊犠牲祭(Aid al Adha)が7月31日(金)に決定しました!

ところで、みなさん羊犠牲祭(ひつじぎせいさい)はご存知ですか?

きっと多くの方には馴染みがないと思います。

簡単に言うと、羊を犠牲にする日です。日本的感覚としては正月に近いと思います。

犠牲祭の前後は店もクローズしてしまうこともありますので旅行者はタイミングに注意する必要があります!

以下、詳しくご紹介します。

 

本記事の内容

・羊犠牲祭とは?
・羊を買って準備する
・犠牲祭当日の流れ
・いただく料理

羊犠牲祭 Eid Adha(イード アルアドハー)とは?

イスラム教の暦ではイードと呼ばれるお祝いの日が2回あります。

一つ目はラマダン明けを祝う「イード・アル=フィトル」。

その次がラマダンからおよそ1ヶ月後の「イード・アル=アドハー」で、日本では犠牲祭と訳されています。

「イード・アル=アドハー」は、世界中のムスリムたちがサウジアラビアのメッカ巡礼の最終日のお祝いの目的と、巡礼に参加していないムスリムも動物を1匹生贄として捧げお祝いをします。

犠牲の目的は、アッラーを満足させるためだけに血を流すことではありません。
信者が愛するものを犠牲にしてアッラーへの献身を示すのが目的です。

また、犠牲になった動物の肉を、家族、親戚や友人、貧しい人々に分け与えるように言われています。
お祝いには、献身、親切、平等といったメッセージがあります。

アッラーには肉や血は届かず、彼に届くのは信者の献身の心だと言われています。

ラザーン

都会では長い期間羊を飼うのが難しいため、犠牲祭の2-3日前に羊を買うことが多いですが、田舎の方では2ヶ月ぐらい前から飼って、息子のように愛着を持って育てると聞きました。愛着がわくと犠牲し辛い気がしますけどね...。

犠牲祭用の羊を買う

主に犠牲祭では羊が生贄にされますが、各家庭の事情によって山羊や牛、ラクダなどを犠牲にする場合もあります。

羊は雄を生贄にします。街では大型スーパー「マルジャン」で特設テントが設置され、羊のサイズごとに値付けされて売られています。

だいたい1頭あたり4,000〜5,000dh(4〜5万円相当)ぐらいが相場のようです。小型は2,000dhぐらいから購入できたりもするようです。

注意

羊はモロッコ人にとって高価な買い物になります。そのため、犠牲祭前は金銭の盗みが多くなり、治安が悪くなる傾向があります。スマートフォンなどが狙われたりしますので十分に気をつけてください。

犠牲祭当日の流れ

当日は朝、王様が犠牲をした後、各家庭で犠牲が行われます。

王様の犠牲の様子はテレビで生中継されます。
まずはお祈りをして、その後に羊が運び込まれてきて、男性数人が羊を押さえつけ、王様が羊の首のところをカッとナイフを入れます。

ラザーン

多くのモロッコ人から聞くのですが、正しい絞め方は羊を痛がらせないようです。(本当のところは羊に聞かないとわからないですけどね)

基本は一世帯に一頭で、男性が絞めます。

男性がいない家庭は、肉屋に来てもらいます。

ラザーン

犠牲祭当日は白いエプロンに血がついた肉屋の店主がナイフを持ってうろうろしています。

それからしっかり血抜きし、解体していきます。

肉の処理は、男性と女性の役割が明確にわかれています。

女性は内臓を洗う役割があります。

男性は火を起こし、串に肉を通していき、バーベキューの準備を行います。

レバーなどの内臓は調理していただきます。

犠牲祭でいただく料理

一頭の肉はかなりのボリュームになりますので、犠牲祭後1〜2週間は肉を食べ続ける日々となります。

モロッコ人にとって、肉をたらふく食べれる犠牲祭は楽しみで仕方ありませんが、それでも2〜3日経つと、皆、肉以外が食べたいと言うそうです。

犠牲したその日は新鮮なものがいただけるので、主に内臓や頭部などを食べます。

犠牲祭メニューその①ハツの串焼き

ハツの串焼き

犠牲祭メニューその③内臓の煮込み

kercha

初日に心臓、内臓部分を食べるよ。翌日以降はタジンやクスクスにしていただきます。

ミィさん
ラザーン

家庭によっては頭部の丸焼きも初日にいただくみたい。

翌日以降はクスクスや煮込み料理に使って消費していきます。

犠牲祭後は、2週間ほど町の肉屋は閉めるそうです。(肉が売れないため)

羊肉以外の肉や魚が食べたい場合は、犠牲祭前に仕入れておく必要があるようです。

(大手スーパーなどでは問題ないと思われます!個人商店等が休む傾向にあります。)

まとめ

犠牲祭は日本人からすると刺激が強いイベントです。私も目の前で羊が絞められる様子を始めてみさせていただいて、目を覆いたくなりますが、命をいただくことを直視するのも大事だと改めて思いました。

モロッコ人の妻になったので、羊の処理もできるようにならないといけないんですけど、もう少し時間が必要かな。。

-モロッコ文化

© 2020 ネコと旅するモロッコ案内人ラザーン